「露首都で攻撃」警告 モスクワの米大使館

産経ニュース
17日、モスクワ中心部にあるレーニン像の前を通って職場などに向かう人々(小野田雄一撮影)
17日、モスクワ中心部にあるレーニン像の前を通って職場などに向かう人々(小野田雄一撮影)

モスクワの在ロシア米国大使館は20日、モスクワやロシア第2の都市サンクトペテルブルクなどでショッピングセンターや鉄道、地下鉄を狙った攻撃があり得るとし、避難計画を立てておくようウェブサイトで警告した。

都市部での人混みのほか、ロシアが侵攻を準備しているとされるウクライナ国境での滞在を避けるよう呼び掛けている。懸念の根拠は「メディアの情報」とし、具体的には触れていない。

タス通信によると、ロシア外務省のザハロワ情報局長は会員制交流サイト(SNS)に「情報はロシア側に連絡したのかとお尋ねしたい」と投稿し、信ぴょう性に疑問を投げ掛けた。(共同)

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」