日本の誇り 安倍晋三

G7主要国として対峙、ロシアの「武力侵攻」決して許さない ウクライナ危機に日本は主体的な防衛力、日米同盟の強化を

zakzak
ロシア国内で演習する戦車(ロシア国防省提供、AP)
ロシア国内で演習する戦車(ロシア国防省提供、AP)

ウクライナ情勢が一触即発の危機にある。ジョー・バイデン米大統領は17日、ロシアの軍事侵攻が「近日中に起こる可能性がある」との認識を示した。ロシア側はウクライナ東部で「西側諸国がゲリラやテロリストを支援している」「ジェノサイド(集団殺害)が起きている」などと主張している。緊張緩和の道筋が見えないなか、憲政史上最長、7年8カ月の長期政権を担当した安倍晋三元首相は、夕刊フジの新連載「日本の誇り」(月1回掲載)で、ウクライナ危機に迫った。軍事侵攻(力による現状変更)を許さない姿勢を示し、G7(先進7カ国)主要国として対峙(たいじ)する重要性を説いた。国連の限界や、日本の防衛力・日米同盟の強化、台湾問題、エネルギー問題にも言及した。

十数万人ものロシア軍が、同国西部のウクライナ国境やベラルーシ、クリミア半島などに展開している。欧米メディアの「近くウクライナに軍事侵攻か」という報道もある。

バイデン大統領
バイデン大統領

まず、武力行使を含む、他国への侵攻は決して許されない。これは明確に指摘しておきたい。そのうえで、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の心中を推測してみる。

プーチン氏側は「冷戦が終結して、1990年に東西ドイツが統一する際、米国は『NATO(北大西洋条約機構)を東方に1インチたりとも拡大しない』と約束した。当時のジェームズ・ベーカー米国務長官が、ソ連のミハイル・ゴルバチョフ書記長に口頭で語ったが、それを米国が破った」などと主張している。

NATOには99年以降、ポーランドやハンガリー、ルーマニア、バルト3国など、東欧諸国や旧ソ連諸国が次々と加盟した。ウクライナの「親露派」政権が崩壊したことも含めて、プーチン氏は米国に不信感を持っているようだ。

ただ、先の「約束」については、アントニー・ブリンケン米国務長官が1月7日の記者会見で、「NATOは新規加盟国を認めないと約束したことはない」と否定している。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」