男性会社員殺害、懲役13年判決 地裁立川支部

産経ニュース
東京地裁立川支部
東京地裁立川支部

東京都東久留米市の住宅で令和元年11月、会社員二岡一浩さん=当時(55)=を刃物で殺害したとして、殺人罪に問われた無職三ツ本寛己被告(30)の裁判員裁判で、東京地裁立川支部は15日、懲役13年(求刑懲役16年)の判決を言い渡した。二岡さんは被告の母親と、被告の実家で同居していた。

田尻克已裁判長は判決理由で、二岡さんの胸や腹に約70カ所の傷があることなどを挙げ「母親の交際相手として小学生の頃から接していた二岡さんの言動を虐待と受け止め、恨みを募らせていた」と指摘。「一方的な恨みに根差した身勝手な犯行」と述べた。

一方、生まれつきの自閉症スペクトラム障害や、実父による虐待が原因の心的外傷後ストレス障害(PTSD)について「動機の形成に相当程度影響した。量刑上、一定程度考慮する必要がある」と説明した。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害