「カムカムエヴリバディ」ミスコン優勝の9番に「可愛い」「80年代アイドルみたい」と視聴者もうっとり 高山理恵役の羽瀬川なぎに期待の声

iza
大月ひなた(川栄李奈・中央)が出場したミスコンで優勝した高山理恵(羽瀬川なぎ・左)(C)NHK
大月ひなた(川栄李奈・中央)が出場したミスコンで優勝した高山理恵(羽瀬川なぎ・左)(C)NHK

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の第74話が15日、放送され、SNSではヒロイン、大月ひなた(川栄李奈)が出場したミスコンで優勝した高山理恵役を演じた羽瀬川なぎが「可愛い」「綺麗だな」などと話題になった。

昭和、平成、令和を通じ、京都、岡山、大阪を舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ親子3世代の100年間を追い、恋に仕事に不器用ながらも自分らしく生きる姿をリレー形式で描く同作。1925年に岡山市内で生まれた初代ヒロイン、雉真安子(上白石萌音)の一人娘として誕生した2代目ヒロインのるい(深津絵里)は、ジャズトランペッターの錠一郎と結婚し、京都で回転焼き屋「大月」を営んで生計を立てている。上白石、深津からバトンを受け、川栄李奈が3代目ヒロイン、ひなた役を演じる。

ドラマは現在、第16週「1983」が放送されており、この日の放送では、将来について悩むひなたが映画会社「条映」のミスコンに参加。演技審査で大失態を演じてしまい、優勝を逃すなか、栄冠を手にしたのがエントリーナンバー9番の理恵だった。

理恵は夢を与えられる女優になりたいという理由でミスコンに参加。第73話(14日放送)からオープニングに役名とキャスト名がクレジットされていたこともあってか、ツイッターでは「9番が選ばれると思ってたよ」「やっぱり、エントリーナンバー9番が優勝した」といった反応もあるなかで「優勝した9番の子可愛いなぁ」「9番さん、80年代アイドルみたいな可愛い方ねー」「確かに9番の子綺麗だな」などと羽瀬川の美貌に注目が集まった。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図