中日・石川昂「一本出てよかった」紅白戦で〝今季第1号〟も首脳陣は辛口評価

サンスポ
紅白戦の二回にソロ本塁打を放つ中日・石川昂=北谷(撮影・中島信生)
紅白戦の二回にソロ本塁打を放つ中日・石川昂=北谷(撮影・中島信生)

中日春季キャンプ(13日、沖縄・北谷)紅白戦が行われ、3―3で引き分け。紅組の「4番・三塁」で出場した石川昂弥内野手(20)は第1打席で左中間席へのソロ本塁打を放った。

「一本出たので良かったと思います」

白組に2点を先制された直後の二回の最初の打席だった。左腕・笠原が1ストライクから外角に投じたチェンジアップを一閃。大きな放物線を描いて芝生席へと消える、実戦2戦目での〝今季第1号〟だった。

しかし、その後は見逃し三振、左飛と続き、試合全体では3打数1安打。立浪和義監督(52)が「本当に真っすぐを狙って仕留められるようにならないと」と話せば、中村紀洋打撃コーチ(48)も「注目したいのは次の打席。1打席目と同じ形でいけば良かったですが、同じ形ではなかった」と凡打のシーンをクローズアップし、修正に期待した。

休養日を挟んで15日の第4クールからは対外試合も始まる。石川昂は「やることは変わらない。試合になったら何も考えず、自信をもってやりたいと思います」と話し、アピールとなる本塁打量産にも意欲を示した。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?