熾烈4番争い 阪神・佐藤輝明3安打 実戦4試合で打率・467

サンスポ
九回、この日3安打目となる中前打を放つ阪神・佐藤=宜野座村野球場(撮影・安部光翁)
九回、この日3安打目となる中前打を放つ阪神・佐藤=宜野座村野球場(撮影・安部光翁)

快音、止まらん! 阪神は12日、楽天との練習試合(宜野座)に3-0で勝ち、今春の対外試合で初白星を挙げた。「4番・三塁」でフル出場した佐藤輝明内野手(22)は右に左に4打数3安打と暴れ回った。大山悠輔内野手(27)と繰り広げる熾烈(しれつ)な4番争い。実戦4試合で打率・467と絶好調の大砲がまた一歩前進した。このまま最後まで突っ走る。主砲の座は譲らない!

耳に残る痛快な打球音が3度も響き渡った。やはり、この男は〝打線の中心〟がよく似合う。熾烈な4番争い。どんより曇った宜野座のグラウンドを明るく照らした佐藤輝が、主砲としての適性をまざまざと見せつけた。

「いい当たりがでたのでよかったです。(全方向にヒットが出たのは)いい傾向だと思います」

まずは先制した直後の一回1死一塁。楽天の先発左腕・藤井の外角球に逆らわず痛烈な左前打を放った。今季の実戦での対左投手初安打で勢いに乗ると、四回先頭の第2打席は、フルカウントから2番手・西口の低め133キロ変化球をすくい上げて右前へ。とどめは九回の第4打席。球場の隣にある宜野座高出身、大卒2年目右腕・内間の149キロ直球をとらえた。打球は左中間方向を鋭く弾む中前打。塁上をにぎわすたびに、今キャンプ最多1200人のファンから割れんばかりの拍手がわき起こった。

5日の紅白戦(宜野座)を皮切りに始まった大山との4番争い。ここまでの対外試合は交互に4番を任されている。11日の日本ハム戦(名護)では、「4番・大山」が3打数2安打だったのに対し、「3番・佐藤輝」は4打数無安打。後れをとるわけにはいかなかった。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」