YFM 夕刊フジmusic

古希記念アルバムをミッキー吉野がセルフレビュー! ザ・ゴールデン・カップスの「銀色のグラス」ロックなオープニングは反抗だった

zakzak
音楽家のミッキー吉野
音楽家のミッキー吉野

僕は高校生の夏、16歳でザ・ゴールデン・カップスに加入しました。カップスはその前年、1967年6月に「いとしのジザベル」でシングルデビューして、2枚目が11月の「銀色のグラス」。68年4月の「長い髪の少女」でGSの人気バンドになっていました。

ザ・ゴールデン・カップス 銀色のグラス・ジャケット
ザ・ゴールデン・カップス 銀色のグラス・ジャケット

でも、加入前にジャズ喫茶とかで見ていたカップスは、もっとロックで尖っていて、サイケデリック。年を重ねた今聴けば、シングル曲もたそがれて憂いがあっていいと思うし、時代がつくらせたこともわかりますが、当時は歌謡曲然としたメロディに〝なんで?〟と感じたのも事実です。

GSの代表曲はこの曲の橋本淳さんはじめ、阿久悠さん、なかにし礼さんらが素晴らしい詞を、曲も一流の方たちが書いていました(カップスはシングル4作目の「愛する君に」まで鈴木邦彦さん)。ロックバンドにアートなどは求められず、売れるか売れないかだけで判断された時代です。

そのなかで「銀色のグラス」には、異質な部分がありました。ロックそのもののオープニングです。対照的に歌の導入部分はまるで違う歌謡曲のようになっています。

果たしてこれってみんなの、歌謡曲や歌謡界、芸能界への反発だったんじゃないのか。のちにそう思えるようになりました。「銀色のグラス」は歌謡曲で売りたいレコード会社と、ロックしたいバンドがアンバランスだった当時の極み。メジャーに行くにはレコード会社の言うことを聞かなきゃいけないけど、俺らは…。その反抗を最初の30秒で表したのかもと。たかが30秒でもカップスは風穴を開けた。戦後、自由にならなかった世の中が、徐々に開かれていく段階だったのかもしれません。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害