国防を考える

日本の迎撃システムに限界 北の「極超音速ミサイル」発射実験 米FAA「予防措置」も日本は「遺憾」のみ、これでいいのか

ZAKZAK
北朝鮮が行った極超音速ミサイルの発射実験=1月11日(朝鮮中央通信=共同)
北朝鮮が行った極超音速ミサイルの発射実験=1月11日(朝鮮中央通信=共同)

北朝鮮は1月、7回11発ものミサイル発射実験を繰り返した。11日に発射されたものは新型の「極超音速ミサイル」である可能性が高い。

既存の弾道ミサイルは放物線に近い軌道をとる。それに対し、日本は海上自衛隊のイージス艦搭載の迎撃ミサイル「SM3」と、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)という、二段構えの迎撃システムを保持してきた。

新型ミサイルで問題となるのは、その軌道と速度だ。北朝鮮や中国などが開発を進める極超音速滑空ミサイル(HGV)は、低高度で変則軌道を描く。これまでの防衛システムが通用しない。

この新型ミサイルが発射された日、米国で異変があった。ミサイルの発射時刻、米連邦航空局(FAA)が西海岸とハワイのすべて航空機に、一時地上停止命令を出したのだ。航空機の離陸停止にとどまらず、飛行中の航空機の一部にも「できるだけ速く着陸するように」と指示が出された。指示は約15分後に解除された。北朝鮮の新型ミサイルへの警戒だった。

北朝鮮の新型ミサイル発射を「米国の安全保障上の脅威」と捉えての迅速な命令だった。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は潜在的脅威に対しての警告は出していないと否定したが、FAAは予防的な措置であると発表した。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 「息切れ倒産」続発、危ない300社 長引くコロナ、円安、コンプラ関連も…「国税局がマーク」「社長の不動産投資失敗」実態が明らかに

  5. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…