マンション業界の秘密

東京を震度7の地震が襲えば…4日後のタワマンは「地獄」 電気が使えず、水も出ない 中層階以上はほぼ生活不可能

zakzak
浸水被害に弱いマンション。そのときどうする?
浸水被害に弱いマンション。そのときどうする?

私はマンション購入の相談をいただくことも多い。1年ほど前、あるご夫妻からの相談は印象的だった。

彼らはすでにマンションを購入して住んでいたが、引っ越したいという。理由は、今住んでいるところが、ハザードマップで水害時の浸水が5~10メートルと指定されていたことにショックを受けたのだとか。だから、すぐにでも…とおっしゃった。

水害を想定したハザードマップというのは、土地の標高を基準に策定されている。当たり前だが、水は高きから低きへ流れる。潮位や川の水位が上がって堤防を超えるなどすれば、標高の低いところは浸水する。

東京都江東区の区役所前には「××年の水害ではこのレベルまで浸水しました」というモニュメントが立っている。優に大人の背丈を超えるところまで浸水していたことが分かるので、ちょっとビックリする。

しかし、だからといってまたやってくるとはかぎらない。江東区で江戸時代からやっているという老舗の釣り舟屋さんを取材したことがある。そこから見える食糧倉庫跡地に開発されたマンションの広告づくりのためだった。

そこのご主人がしみじみと言った。

「あの食糧倉庫ができたときにじいさんが『これで津波はこねえ』と喜んだものさ。そこがマンションに変わるのですか。なおさら津波はこないな」

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか