41歳でマネーゲームから引退 「辞めゴールドマン」に聞く 日本の未来の選び方

SankeiBiz

「マネーゲームに嫌気がさした」。こんな思いで資本市場の最前線から41歳で身を引いた元ゴールドマン・サックスのトレーダーがいる。東京大学大学院終了後、16年半戦った債券取引市場でのトレーディング業務は投資家同士のだまし合いにも似た世界。そんな資本主義の現実を知ってみると、政治家や官僚が語る日本経済をめぐる議論も「お金」ばかりにこだわり、大事なポイントを見失っているように思えたという。日本経済は、長期停滞が続き、財政赤字も膨らむ一方。そこに新型コロナウイルス禍が重なり、八方ふさがりにもみえる。そんな日本の未来は「辞めゴールドマン」の目にどのように映るのか。現在は金融教育家として活動する田内学さん(43)に話を聞いた。

日本の財政や年金制度は大丈夫なのか(Getty Imgaes)※写真はイメージです
日本の財政や年金制度は大丈夫なのか(Getty Imgaes)※写真はイメージです

■トレーディングで世界と戦う

「ゴールドマンでトレード業務をやって感じたのは、結局は誰かの財布から別の人の財布にお金が動いているだけだということ。新しい価値を生み出しているわけじゃない」。オンラインでインタビューに応じてくれた田内さんは、当時の心境をこう振り返る。

田内さんは1978年生まれ。東大在学中にはプログラミングの腕を競う大会で日本代表となった経験もある。そんな明晰(めいせき)な頭脳の持ち主が世界的な投資銀行であるゴールドマン・サックスで働こうと考えたのは「世界で戦いたい」と思ったからだ。

「以前はオリンピックで日本選手がメダルを争っているのをみても自分とは関係のない話だと思っていた。でもプログラミングでアジア大会まで行き、そこで敗れたことで、自分が世界で戦いたいと思いました」

情報工学を学んだ経験が強みになる「戦場」として浮かんだのが債券取引市場だった。世界経済をめぐるさまざまなイベントで価格が変動する金融市場では、リスクや収益の大きさを見極めるために数学に関する専門性が不可欠。「数学には自信があった」ことから、ゴールドマンへの入社を決意した。

■「社会にとって本当にどうでもいい」仕事

ただ、実際に働いてみると、あまりにリアルな現実にも直面する。トレード業務で債券を売り買いする相手であるヘッジファンドとはお互いに利益を奪い合う構図にある一方、ヘッジファンドが取引に応じてくれるだけのつながりがなければトレード業務自体が成り立たない関係にあり、その取引には「ちょっとしただまし合い」という色合いも。最初のうちは会社のために儲けることを受け入れてはいたが、次第に「結局は利益がゴールドマンに落ちるかヘッジファンドに落ちるかというだけ。自分がこの仕事をやらなくても、社会にとっては本当にどうでもいいことだ」と思うようになった。

精神的な負担も大きかった。通常の勤務は午前8時ごろに出社し、午後7時ごろまでには帰宅するパターン。その間は金融情報を示すモニター画面とにらめっこで、会話をかわす相手もごく限られた面々だけだ。「お金の話だからどうしてもギスギスする」という人間関係はストレス満載。しかも帰宅後も金融市場は世界で動き続けているため、欧米でのイベントに時差も気にせずアンテナを張り、必要とあれば自宅から10分程度で着くオフィスに上がって仕事をする。

「少し油断すると本当に簡単に数億円、数十億円を失う」という重圧も負担となり、しばらく仕事を休んだ末、退社を決めた。41歳になったばかりだった。

■お金を貯める方法よりも大切な問題

トレード業務という資本主義の戦場を退き、やりたいと思ったのは、お金が持つ意味を伝える仕事だ。日本国債の巨額取引を手がけていたゴールドマン時代は「日本は巨額の債務を抱えているのに政府が破綻することはないのか」という疑問に真剣に向き合った。また、結婚して子育てにも関わるうちに「日本人の未来の生活を支える年金制度は大丈夫なのか」とも考えをめぐらせた。その結果として気づいたのは、お金の価値は社会で暮らす人々の労働に裏付けられているという経済の仕組みだった。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」