遺族「亡くなった本人に会いたい」 ヤマト殺傷事件

産経ニュース
神戸地裁=神戸市中央区
神戸地裁=神戸市中央区

神戸市北区のヤマト運輸集配所で令和2年、男女2人が死傷した事件で、殺人などの罪に問われた同社の元パート従業員、筧真一被告(47)に神戸地裁が懲役27年の判決を言い渡したことを受け、殺害された広野真由美さん=当時(47)=の遺族が弁護士を通じてコメントした。コメントは以下の通り。

「本日、懲役27年の判決が言い渡されました。検察官の求刑に近い判決であり、判決内容を聞いていて違和感を感じるところはありませんでした。私たちの声に真摯(しんし)に向き合ってくださったことに感謝申し上げたいです。

一方で、判決が出ても本人が帰ってきてくれるわけではありませんし、犯人はいずれ社会に出てこれるのかと思うと、やるせなさを感じます。犯人は、本日もまるで反省のない態度で、最後の最後まで、心を乱され、えぐられました。

裁判が終わって緊張が緩んだからなのか、今は、ただただ、亡くなった本人に会いたいです。ゆっくりと裁判の報告をしてあげたいと思います」

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  3. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…