がん電話相談から

乳がんが全身骨転移 使える薬が限られて…

産経ニュース

Q 55歳女性です。12年ほど前に痛みを感じ病院を受診したところ、左右の乳房のしこりと全身に多発する骨転移が見つかり、ステージⅣの乳がんと診断されました。ホルモン療法のゴセレリン(商品名・ゾラデックス)とタモキシフェンの併用やアナストロゾールを使いましたが、病気が進行したため、診断1年後からは、内服抗がん剤のカペシタビンに変更になりました。これがよく効いていたようで、結局、10年間継続しました。去年2月に病気の進行がみられたため、カペシタビンは中止とし、ホルモン療法のフルベストラント(同・フェソロデックス)と分子標的治療薬のアベマシクリブ(同・ベージニオ)の併用を開始しましたが、アベマシクリブは皮膚などの副作用のためにすぐに中止となり、フルベストラントのみで治療を続けていました。11月に再び病気の進行がみられたため、パルボシクリブ(同・イブランス)を開始しましたが、やはり、さまざまな副作用が出て、中止となりました。

A 病気の進行というのは、どうやって判断しているのでしょうか。

Q 血液検査で腫瘍マーカーをみて、上昇したら治療を変更しています。

A 腫瘍マーカーは参考にはなりますが、それだけで効果を判定するのではなく、コンピューター断層撮影(CT)などの画像検査や症状の変化も重要です。

Q 最近は腰や肋骨(ろっこつ)の痛みがあり、骨転移が進んでいるためだといわれています。

A その痛みをとるのも大事ですね。痛みが強くなるようなら、放射線治療という選択肢もあります。

Q 副作用で薬がうまく使えず、使用できる薬剤が限られてくると思うと不安です。

A 乳がんではホルモン療法や化学療法、分子標的治療がたくさんあり、選択肢がなくなるということはまずありません。実際に、次に使う薬の候補として、ホルモン療法のエキセメスタンと分子標的治療薬のエベロリムス(同・アフィニトール)の併用や、点滴の抗がん剤など、いくらでも挙げることができます。そもそも、手持ちのカードの残りを数え、「残された選択肢はこれくらいしかない」と思うのはよくありません。薬はあくまでも道具であって、適切なタイミングで適切な道具を使えばよく、道具のことばかり考えて過ごすようなものではありません。ところで、普段の生活で大事にしていることはありますか。

Q 両親の介護のために仕事を辞めていたのですが、最近は自分の時間も持てるようになって、フラワーアレンジメントを楽しんだり、新聞にエッセーを投稿したりしています。そういう時間も大切にしながら、できるだけ長生きしたいです。

A 素晴らしいですね。その目標のために、いろいろな道具を試していくといいと思います。目標にプラスに働くならうまく使い、マイナスになってしまうようなら使わない方がいいわけです。治療を中心に考えるのではなく、どのように生きていきたいかを中心に考えるのがよいですね。ご自分の大事にしているものを担当医にも伝え、よく話し合って、治療方針を決めていってください。

がん研有明病院の高野利実・乳腺内科部長

回答は、がん研有明病院乳腺内科部長、高野利実医師が担当しました。

「がん電話相談」(がん研究会、アフラック、産経新聞社の協力)は毎週月曜~木曜日(祝日除く)午前11時~午後3時に受け付けます。03・5531・0110、無料。相談は在宅勤務でカウンセラーが受け付けます。相談内容を医師が検討し、産経紙面やデジタル版に匿名で掲載されることがあります。個人情報は厳守します。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン