プラスチック付着で8日間、皮膚付着なら21時間〝しつこいオミクロン株〟の生存期間 従来通りのエタノール消毒が効果的

ZAKZAK
学校でも手指の消毒は欠かせない
学校でも手指の消毒は欠かせない

東京都の新型コロナウイルスの新規感染者は30日まで6日連続で1万人を超え、病床使用率は緊急事態宣言の要請を検討するとした50%に迫った。全国で拡大するオミクロン株の感染力について、皮膚やプラスチックに付着した際の生存時間が、中国・武漢で発生した当初のウイルスやデルタ株より長いとの研究結果が公表された。ワクチンの追加接種が遅れ、自衛するしかない人は、いま一度、対処法を見直しておきたい。

都の病床使用率は30日時点で48・5%。小池百合子知事は宣言要請について「繁華街の夜の滞留人口は抑制されている。病床は重症、中等症など中身もあり、総合的に検討する」と述べた。大阪府も9135人の新規感染者が確認され、国内の新規感染者は5日連続で7万人を超えている。

こうしたなか、オミクロン株の生存時間に関する研究を、京都府立医科大の廣瀬亮介助教(消化器内科学・感染病態学)のチームが公表した。

皮膚表面での生存時間は、武漢で広がった初期株が9時間だったのに対し、変異株のデルタ株が17時間、オミクロン株は21時間だった。

  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  4. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間