「佐渡金山」のイチャモンに屈するな! 不可解すぎる韓国の主張…本当に「強制動員労働の現場」だった? 「河野談話」に匹敵する大失敗の予感

ZAKZAK

本当に「強制動員労働の現場」だったのか。

朝鮮日報(2022年1月20日)に、佐渡島の強制動員労働の被害者の娘2人(82歳と77歳)の話が載った。

2人の父が佐渡島に入ったのは1940年だった。つまり、徴用令が朝鮮人に適用される(44年9月)前のことだ。父は生まれたばかりの長女ともに佐渡島へ…。

エッ⁉ ちょっと待て。「日本の強制動員労働とは、妻子も一緒に連行したのか」と尋ねなくてはならない。高給目当ての「押しかけ応募工」だった可能性が高い。

長女は「奴隷のような待遇だった」という話を具体的に述べている。小学生前の見聞を、82歳になっても鮮明に記憶しているとはスゴーイだ。

それよりも、そうした環境にいた父親が、佐渡島で2女と3女をもうけた事実に着目せざるを得ない。やはり、「エッ⁉ 奴隷のような待遇なのに?」と尋ねたくなる。

戦時の混乱で、朝鮮人を含む労働者に月給が支払われなかった一時期があった。しかし、その金額が後に供託された証拠が日本には残っている。「強制動員労働させられた奴隷」は月給をもらっていたのだ。

日本に来たために奴隷のようなひどい目に遭ったというのに、戦後も日本に住み続け、現に娘たちも日本にいるのは、日本人の感覚からすると、どうにも不可解すぎる。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念

  5. がん闘病ワッキー、「胃ろう」生活告白「放射線化学療法でめちゃくちゃ気持ち悪くなる」