「佐渡金山」のイチャモンに屈するな! 不可解すぎる韓国の主張…本当に「強制動員労働の現場」だった? 「河野談話」に匹敵する大失敗の予感

ZAKZAK
世界文化遺産への推薦が期待される「佐渡島の金山」。岸田首相(右)と林外相は決断するのか
世界文化遺産への推薦が期待される「佐渡島の金山」。岸田首相(右)と林外相は決断するのか

ユネスコ(国連教育科学文化機関)が所管する「世界文化遺産」への推薦締め切りが刻一刻と迫るなか、文化審議会が選んだ「佐渡島の金山」(新潟県)について、林芳正外相は「今年度の推薦をしないと決めたことはない」と、24日の衆院予算委員会で明言した。

野党質問への〝逃げの答弁〟ならまだしも、自民党三役(=高市早苗政調会長)への答弁だ。そこまで言っておいて、推薦をしなかったなら、この外相は〝その場しのぎだけの答弁者〟となる。

しかし、外相の人品・資質よりも、はるかに大きな問題がある。

韓国側の主張を認めるような流れのなかで推薦を見送れば、諸外国から「日本には後ろめたいところがあるのだろう」と疑われる。

韓国は「安倍晋三政権とは違って、岸田文雄政権はイチャモンをつければ折れてくる」と見て、あらゆる分野で対日攻勢をかけてくるだろう。

推薦見送りは、慰安婦問題に関する「河野談話」に匹敵する大失政になりかねない。

「佐渡島の金山」への韓国側のイチャモンは、「強制動員労働の現場だった」というものだ。そんな場所を「日本政府は世界遺産に推薦してはならない」と主張する。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害