広瀬アリス・松村北斗共演「恋マジ」で「黒の女教師」トレンド入り 「北斗はまだぴよぴよしてた」「ちゅーが衝撃だった」と懐かしむ声

iza
広瀬アリス
広瀬アリス

女優、広瀬アリスが4月スタートの連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ/フジテレビ系、月曜後10・0)でプライム帯(午後7~11時)のドラマに初主演し、その相手役として男性アイドルグループ・SixTONESの松村北斗が出演すると27日、カンテレの公式サイトで発表された。10年前に放送された連ドラ「黒の女教師」(TBS系)以来の共演に、ネットでは胸を熱くしたファンが続出。ヤフーリアルタイム検索やツイッターのトレンド上位に「黒の女教師」がランクインする事態となった。

恋愛に不器用な男女6人が織りなすオリジナルのラブストーリーで、広瀬が演じるのは洋食器メーカーのデザイナー役。仕事も趣味も充実し、「恋愛なんかいらない」と、27歳まで恋愛経験ゼロで過ごしてきた“こじらせ女子“に挑戦する。一方、松村はフレンチビストロのイケメン接客兼見習い料理人役。優しい言葉と笑顔で次々と女性を虜にするが、恋愛にはクールな姿勢を貫く“危険な男”という役どころだ。

発表を受けて、ヤフーリアルタイム検索やツイッターのトレンド上位に「恋なんて」「恋マジ」「松村北斗」「北斗くん」などの関連ワードが同時にランクインしたが、その中に交じって「黒の女教師」もトレンド入りした。「黒の女教師」は2012年7月期に放送されたドラマで、学校内にはびこるさまざまな難問を解決する女教師の活躍を描いたサスペンスアクション。問題解決のためには法を破ることも厭わず、助けを求めてくる者に法外な報酬を要求するダークヒロイン・高倉夕子役を榮倉奈々が演じた。松村と広瀬も生徒役として出演。松村演じた戸田トシオは夕子に恨みも持ち復讐を画策、広瀬が演じた佐伯江衣花はトシオに思いを寄せるが、夕子への復讐のためトシオに利用されてしまうという重要な役どころを演じて強い印象を残した。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. あすの「ちむどんどん」5月26日OA第34話あらすじ 良子は金吾の求婚を受け入れるが、両家の顔合わせで…

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走