広島G7サミット開催要望 首相「多くの納得で決定」

産経ニュース
広島市の松井一実市長(左)と広島県の湯崎英彦知事
広島市の松井一実市長(左)と広島県の湯崎英彦知事

岸田文雄首相は27日、広島県の湯崎英彦知事、広島市の松井一実市長と官邸で面会し、来年、日本で開催予定の先進7カ国首脳会議(G7サミット)を広島市で開くよう要望した。首相は「複数の立候補地があり、多くの人に納得いただけるようにして決めたい」と述べた。

首相は、戦争被爆地の広島が地元で「核兵器のない世界」の実現を掲げている。松井氏は記者団に「平和を象徴する都市で、被爆の実相を受け止めながら世界の諸課題を議論するのは効果的だ」と訴えた。これに先立ち、林芳正外相にも要望した。

要望書では、被爆者の体験や平和への思いを共有することで「核兵器の非人道性を認識し、絶対悪であるとの思いを抱くと信じている」と強調。16年にG7外相会合を開いた実績もアピールした。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」