北京代表の小山は途中棄権 アルペンスキーW杯男子回転、相原も

産経ニュース

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は25日、オーストリアのシュラートミングで男子回転第6戦が行われ、北京冬季五輪代表で23歳の小山陽平(ベネフィット・ワン)は40番スタートの1回目に途中棄権した。W杯出場2戦目の21歳、相原史郎(東海大)も66番出走の1回目で途中棄権に終わった。

リヌス・シュトラッサー(ドイツ)が2回の合計タイム1分46秒00で今季初、通算3勝目を挙げた。アトルリー・マグラース(ノルウェー)が0秒03差の2位、マヌエル・フェラー(オーストリア)がさらに0秒36差の3位だった。

■相原史郎の話 「(序盤で途中棄権に)あそこからだったんですけどね。一つ前でちょっと真っすぐ行きすぎて、次の旗門でタイトになった」(共同)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗