台湾武力統一に反対 中国知識人が異例の声明

産経ニュース

中国・北京大元教授が24日までに、武力による台湾統一に反対する声明を公表した。台湾への軍事的威嚇は平和的な統一を遠ざけ、米国を巻き込んだ核保有国同士の戦争さえ招きかねないと警告。反戦世論を形成する重要性も説いている。中国内の知識人が台湾政策に公然と異議を唱えるのは異例だ。

会員制交流サイト(SNS)を通じて21日に声明を出したのは社会学者の鄭也夫氏(71)。「人民の代表」を公言して武力統一を唱える人々の主張を突き崩すために、反対の声を上げたとした。

声明はSNS上で転送できなくなっており、当局が規制したもよう。鄭氏は共同通信に対し「今のところ当局の圧力は受けていない」と話した。

声明は「台湾は事実上独立している」とも明記した。軍事的威嚇は台湾側の憎しみをあおり、米中、台湾が「メンツ」のため譲歩の余地がなくなる事態に発展する恐れを懸念した。(共同)

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 〝忘恩の国〟韓国に尋常でない米国の怒り、国営放送で政権の本音が 「対露制裁」は口だけ、国民にウソがバレそうになり慌てた文政権

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【日米首脳会談】裕子首相夫人が外交デビュー 伝えた「日本の美」