宝塚月組新人公演 礼華はる「全員を引っ張っていけるように過ごしてきた」

サンスポ
宝塚歌劇団月組新人公演「今夜、ロマンス劇場で」を上演した礼華はると花妃舞音
宝塚歌劇団月組新人公演「今夜、ロマンス劇場で」を上演した礼華はると花妃舞音

宝塚歌劇団月組の新人公演「今夜、ロマンス劇場で」が25日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。

入団7年目で2度目の新人公演主演を務めた礼華(れいか)はるは映画監督を目指している助監督役。ヒロインに振り回され、頼りなさも感じさせる役を好演。終演後には「たくさんの困難があったんですけど、長の学年として、責任をもって全員を引っ張っていけるようにお稽古期間を過ごしてきたので、みんなで作った舞台を上演できたことをうれしく思います」と振り返った。

「桜嵐記」に続き、2作連続となる大役には「前回は力んでいた部分もあったので、今回は『楽しんで!』と月城(かなと)さんから本番前におっしゃっていただいて、力を抜いてこの役をお客さまにお届けしようという気持ちは前回より余裕をもってできたかなと思います」と成長を語った。

ヒロインには花妃舞音(はなひめ・まのん)が入団2年目で抜てき。モノクロ映画から飛び出したお姫さまの役をおてんばに演じ、「初めてのことばかりで、毎日お稽古の時に学ぶことがたくさんあって、不安の気持ちも大きかったですが、本日、温かいお客さまに囲まれて、舞台を楽しむことができて、本当に幸せです」と笑顔で話した。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. KDDI通信障害で社用携帯ユーザーからポジティブ投稿続出 「平和な週末」「精神に良すぎ」「業務終了します」