ドクター和のニッポン臨終図巻

第76代総理大臣・海部俊樹 座右の銘は「自我作古」、自らが歴史を創った生涯

zakzak
海部俊樹元首相
海部俊樹元首相

政治家の仕事が本当に評価されるのは死んだ後であると言われることがあります。

当時はクリーンでソフトなイメージしかありませんでしたが、各新聞に載っていたお悔やみの記事を読んで、この人はとても仕事のできる総理大臣だったのだと気づかされました。

第76代総理大臣であった海部俊樹さんが、1月9日に都内の病院で死去されました。享年91。死因は老衰との発表です。

「91歳で老衰なんて早くないですか?」。ある若い記者さんからそう尋ねられました。「海部さんは91歳ですよ、天寿です。大往生ですよ」と答えましたが納得いかない様子。以前この連載で取り上げた第80代首相の羽田孜氏は2017年に82歳で亡くなりましたが、やはり死因は老衰で、そのときも別の記者さんから、「82歳で老衰と診断するなんて、病気を見落としたヤブ医者の言い訳なのでは?」と尋ねられたことがあります。人生100年時代という惹句が流行し、健康な人は誰しも100歳を迎えられるものと信じているのでしょうが、そんなわけがありません。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 〝忘恩の国〟韓国に尋常でない米国の怒り、国営放送で政権の本音が 「対露制裁」は口だけ、国民にウソがバレそうになり慌てた文政権

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【日米首脳会談】裕子首相夫人が外交デビュー 伝えた「日本の美」