立民選対委員長、名護市長選敗北「力及ばなかった」

産経ニュース

立憲民主党の大西健介選対委員長は23日、沖縄県名護市長選で推薦した無所属新人が現職に敗れたことを受け「力が及ばなかったことをおわび申し上げます」との談話を発表した。

大西氏は「新型コロナウイルスの感染拡大により、党としても重要な選挙と位置づけ、全力で支援を行いましたが、役員の派遣ができず、陣営の活動も制限されたことは新人候補にとっては大変痛手でありました」と指摘。その上で「現職候補にあと一歩のところまで迫れたことは、玉城デニー県政とそれを支えるオール沖縄を中心とする野党勢力の主張が一定の評価を得られたと受け止め、引き続き参院選や知事選に向け、一丸となって戦う準備を立憲民主党としても進めていく決意です」とした。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国