福島県双葉町で準備宿泊 6月の住民帰還へ一歩 原発避難10年10カ月

産経ニュース
住民帰還に向けた「準備宿泊」が始まった福島県双葉町の特定復興再生拠点区域=20日午前
住民帰還に向けた「準備宿泊」が始まった福島県双葉町の特定復興再生拠点区域=20日午前

東京電力福島第1原発事故による全町避難が唯一続く福島県双葉町で20日、住民帰還に向けた「準備宿泊」が始まった。帰還困難区域のうち、6月以降の避難指示解除を目指す特定復興再生拠点区域(復興拠点)などの自宅で夜間も寝泊まりできるようになり、住民が早速訪れた。

第1原発が立地し役場機能の県外移転も経験した双葉町は、原発事故から10年10カ月たってようやく居住再開へ一歩を踏み出した。

準備宿泊の対象エリアは、JR常磐線双葉駅を中心とする復興拠点と、令和2年3月に避難指示が解除された町北東部の計約780ヘクタールで町面積の15%に当たる。先行的に除染やインフラ整備が進められてきた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図