元山形大生の懲役18年確定 控訴取り下げは「有効」

産経ニュース

最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は、山形県東根市のマンション一室に侵入し面識のない女性医師=当時(50)=を殺害したとして殺人などの罪に問われ、1審山形地裁の裁判員裁判で懲役18年の判決を受けた後に控訴を取り下げた元山形大生、加藤紘貴受刑者(26)の特別抗告を棄却する決定をした。17日付。取り下げは有効とした2審仙台高裁の決定が確定した。

加藤受刑者は昨年4月の控訴審初公判の翌日、控訴を取り下げたが、その後に「頭が混乱していた」などと撤回の意向を示し、弁護人が取り下げ無効を申し立てた。高裁は認めないと決定、異議申し立ても棄却したため、弁護側が特別抗告していた。

1審判決によると、令和元年5月、マンション2階の女性医師方に侵入し、女性の頭などをゴルフクラブで複数回殴って殺害した。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に

  5. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声