B型肝炎訴訟で20人和解 仙台地裁

産経ニュース

集団予防接種での注射器使い回しを放置した国の責任が問われている全国B型肝炎訴訟で、原告20人が19日、仙台地裁で和解した。東北訴訟の原告1625人のうち、和解したのは1331人となった。

弁護団によると、20人のうち3人は、訴訟中に死亡した青森県の60代男性1人の遺族。残る17人は40~70代の被害者で県別内訳は青森1人、岩手7人、宮城5人、秋田3人、東京1人。

和解金は肝がんや慢性肝炎など症状の進行に応じて被害者1人当たり50万~3600万円。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析