虎のソナタ

「鳴尾・武庫川女子大前」読めるかな… 電車乗る度「ドカベン」思い出し、トラ番ニヤリ

サンスポ

阪神・ブレイザー監督時代にコーチ兼通訳を務めた市原稔氏。南海、阪神、近鉄の3球団を渡り歩いた同氏に思い出を聞いた時のこと。

「現役生活は1軍出場1試合のみ。そんな私の入団から引退、フロントになっていく過程を水島先生に『あぶさん』の中で紹介してもらった。うれしかったよ。南海のキャンプ地まで来て取材されていたからなぁ」

超一流プレーヤーの話以外にも、舞台裏を綿密に取材して、紹介していく。「グラウンドだけではない、野球のすべて」を広く伝えてくれた水島先生の偉大さがそこにある。プロ野球担当記者になった際、参考になった話も山ほど。

「僕は『メジャー』の世代。ドカベンはほんとど読んでなかったのですが、きょう、平田2軍監督が熱すぎるぐらいに『漫画の中に登場するような個性的な選手が出てきてほしい』と語っておられたので、すごさは何となく伝わってきました」

トラ番・織原祥平の感想だ。聞けば、織原は1995年生まれ。阪神・淡路大震災の年ということになる。

「もちろん、大震災の記憶はありません。ただ僕は、いつも両親から『あなたが生まれた年に震災があって、サリン事件が起きた。とんでもないことが起こった年だった』とよく言われて育ちました」

そんな織原が、忘れてはいけない「1・17」の記事を書いている。みなさんもそっと胸に手を当て、心に刻んでください。水島先生の冥福を祈りつつ-。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…

  5. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…