虎のソナタ

「鳴尾・武庫川女子大前」読めるかな… 電車乗る度「ドカベン」思い出し、トラ番ニヤリ

サンスポ
あれから27年。鳴尾浜には1・17で半旗が掲げられた
あれから27年。鳴尾浜には1・17で半旗が掲げられた

巨星墜つ。水島新司先生の訃報は、まさにその言葉がピッタリくる。野球界を発展させてくれた、偉大過ぎる存在だった。影響を受けていない野球人は、いないのではないか。

ドカベン山田太郎が明訓高校1年夏に全国制覇した時、筆者はまだ小学生。毎週、必死で少年チャンピオンを熟読した。好きなキャラクターは白新高校の剛腕・不知火と、赤城山高校の左右投げ・わびすけ。その後、プロの世界に左右投げの投手が本当に現れる。驚くほどの先見の明だった。

特急電車に乗ったドカベンが、猛スピードで通過するホームの駅名を驚異の動体視力で読んでしまう、有名なエピソード。「鳴尾」「武庫川」…。阪神電車に乗って甲子園に通い続けてきたトラ番記者は、いつも思い出してニヤリとする。

時は流れ、「鳴尾」は「鳴尾・武庫川女子大前」に改名。こんな長い名前では、さすがのドカベンも読めないか…。いや、ドカベンならスラっと読んでしまうだろうな。つい先日、そんな妄想をしたばかりだった。

あぁこんな話、書きだしたら止まらない。

当番デスク・野下俊晴も猛然と会話に乗ってきた。

「野球経験のない僕でも、ドカベンは大ファンでした。特に殿馬が大好きで…。右腕をけがして包帯グルグル巻きになったんですが、夜、こっそり打撃マシンを使って守備の猛特訓。天才が隠れて努力するシーンは忘れられません」

相手がセカンドへ狙い打ちしてきても、左手のグラブで捕球して、そのまま一塁へ〝タップ〟送球。あったなぁ、そんな名場面が。誰もが自分の思い出の水島ワールドを持っている。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念

  5. がん闘病ワッキー、「胃ろう」生活告白「放射線化学療法でめちゃくちゃ気持ち悪くなる」