女児虐待死、一部否認 両親、さいたま地裁初公判

産経ニュース
さいたま地裁
さいたま地裁

平成29年に埼玉県伊奈町の自宅で長女=当時(4)=に暴行を加えた上、医師による診察などを受けさせずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた父親の岩井悠樹被告(32)と母親の真純被告(30)は17日、さいたま地裁(北村和裁判長)の裁判員裁判初公判で「(長女を)放置した認識はない」などと起訴内容の一部を否認した。

検察側は冒頭陳述で、2人は適切な医療措置が必要と認識しながら、全身のあざから暴行が発覚することを恐れ、病院に連れて行かなかったと指摘した。

起訴状によると、2人は長女の心ちゃんを暴行し、食事を制限するなどして虐待。29年12月、心ちゃんの股間を拭く際、無理に脚を開かせて筋肉を断裂させたことで正常に歩行できなくなったのに医療措置を受けさせず、自宅廊下に放置して同月21日に低体温症で死なせたとしている。

県警によると、死亡が確認された際、全身にあざがあり、体重が平均より3キロ以上軽かったという。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」