「日米同盟の強化」など訴え、親中派・林外相が日本記者クラブで会見 「岸田政権=米中二股外交」というイメージ払拭が狙いか 

ZAKZAK
林外相は、日本記者クラブで会見した=13日午後、東京都千代田区
林外相は、日本記者クラブで会見した=13日午後、東京都千代田区

林芳正外相は13日、日本記者クラブで会見を行った。岸田文雄首相は就任から3カ月以上過ぎたが、同盟国・米国のジョー・バイデン大統領との対面による首脳会談ができない事態が続いている。新型コロナウイルスの感染拡大とともに、バイデン政権が岸田政権の外交姿勢に不信感を持っていると指摘される。政界屈指の「親中派」として知られる林氏の発言が注目された。

林氏は冒頭の講演で、岸田政権の外交・安全保障姿勢として、「3つの覚悟」(①民主主義を守り抜く覚悟②わが国の平和と安定を守り抜く覚悟③人類に貢献し国際社会を主導する覚悟)を披露し、「自由で開かれたインド太平洋」の重要性と、「日米同盟の強化」を訴えた。

日米首脳会談については、「なるべく早く実現したい」と述べ、調整を急ぐ考えを示した。

中国については、「軍事力の拡大が透明性を欠いている」「わが国周辺での軍事活動の活発化には強い懸念を持っている」「主張すべきは主張して責任ある行動を強く求める」などと語った。

「岸田政権=米中二股外交」というイメージを払拭したい印象がにじんだ。

質疑応答では、日中国交正常化50周年にあたり、林氏の訪中や、習近平国家主席の「国賓」来日の可能性を問われた。

林氏は「私の訪中は何も決まっていない」「日中関係は地域の平和と安定にとって重要」「対話をしっかりと重ねる」「建設的で安定的な関係を目指す」「米国ともすり合わせていく」などと語った。

これで、米国の信頼を取り戻せるのか?

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」