「カムカムエヴリバディ」 るいとジョーの思いが通じ合い視聴者大喝采 雨の日の設定に「I hate you」振り返る声も

iza
左から、雉真るい(深津絵里)、大月錠一郎(オダギリジョー)。 洋服屋『ダグラス』にて。錠一郎と話をするるい。(C)NHK
左から、雉真るい(深津絵里)、大月錠一郎(オダギリジョー)。 洋服屋『ダグラス』にて。錠一郎と話をするるい。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(NHK総合など)の第52話が14日放送され、2代目ヒロイン、雉真るい(深津絵里)と、トランぺッターの“ジョー”こと大月錠一郎(オダギリジョー)がようやく思いを通じ合わせる胸キュン展開が、視聴者を大いに沸かせた。

昭和、平成、令和を通じ、京都、岡山、大阪を舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ親子3世代の100年間を追い、恋に仕事に不器用ながらも自分らしく生きる姿をリレー形式で描く「カムカムエヴリバディ」(月~土 BSプレミアム・午前7時30分~、NHK総合・午前8時~)。現在は、初代ヒロイン、安子(上白石萌音)の一人娘で、ひょんなことから、大阪でクリーニング店を営む夫妻と出会い、住み込みで働きながら生活することになったるいの物語が進行中だ。

この日の放送では、ジャズ喫茶「ナイト&デイ」のトランぺッター、ジョーから告白されるも、その気持ちを受け入れることができないるいの背中をジョーに思いを寄せるベリー(市川実日子)が後押し、ついに2人が気持ちを通じ合わせる展開が描かれた。

左から、雉真るい(深津絵里)、大月錠一郎(オダギリジョー)。 竹村クリーニング店・表にて。るいにあることを言う錠一郎。(C)NHK
左から、雉真るい(深津絵里)、大月錠一郎(オダギリジョー)。 竹村クリーニング店・表にて。るいにあることを言う錠一郎。(C)NHK

ジョーの音楽仲間でライバルのトミー北沢(早乙女太一)やベリーらと一緒に楽しんだダブルデートの帰り、クリーニング店までるいを送ったジョーは、近々開かれる関西一のジャズトランぺッターを決めるコンテストで優勝したら一緒に東京に来てほしいとるいにプロポーズする。「僕はこの先もずっとサッチモちゃんと一緒にいたい。一緒に生きていきたい。僕はサッチモちゃんのことが好きなんや」との直球告白に、るいはとまどい、応えることができなかった。るいの額には、幼少期に母の安子が起こした事故で負った大きな傷があり、それが克服しがたいコンプレックスになっていた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. あすの「カムカムエヴリバディ」1月19日第55話あらすじ ジョーからの提案を竹村夫妻に話せず悩むるい

  3. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  4. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者