北新地放火 「日本史上最悪な凶悪事件は」 容疑者、スマホで検索か 昨年6月から犯行計画

産経ニュース

25人が犠牲になった大阪市北区曽根崎新地のクリニック放火殺人事件で、患者だった谷本盛雄容疑者(61)=死亡=のスマートフォンのスケジュールアプリに昨年6月以降、犯行計画が記録されていたことが14日、分かった。大阪府警天満署捜査本部が明らかにした。アプリには「軽トラを借りてガソリン20リットルを買う」といった記載があり、捜査本部は周到な計画性を示す証拠とみて動機の解明を進める。

また、令和元年7月の京都アニメーションの事件など、国内外の放火殺人事件をスマホで検索した記録を確認。「死ぬときくらい注目されたい」「日本史上最悪な凶悪事件は」といった検索履歴も見つかった。

捜査本部によると、クリニックで発見された谷本容疑者のスマホを解析したところ、アプリ内の昨年6月14日から事件が起きた昨年12月17日の欄に複数の計画が記されていた。ガソリン購入のほか、事件前日は「コインロッカーに10リットルポリタンクを入れる」、当日は「ジッポーライターに火が付くか必ず確認する」「果物ナイフを必ず持っていく」と記載。実際にクリニックの現場検証では、燃えた刃物やオイルライターなどが押収されている。

クリニックの状況も詳細に観察していたとみられ、9月9日は「踊り場のドアが閉まった」「先生が1階出入り口から出てきた」と書き込み。10月22日には「心療内科9時58分までに合計22人一気に入ってきた」「10時1分受付の人がドアを開けた」と患者数や時間を記録していた。

捜査本部は谷本容疑者が多数を巻き添えに自らも死のうとした「拡大自殺」を図った疑いが強いとみており、殺人や現住建造物等放火などの疑いで年度内にも書類送検する方針。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」