「コロナ対策」に異議も〝三木谷ツイッター砲〟は逆効果か 協会関係者「日本サッカー界がバトルをしている空気は一番よくない」

zakzak
三木谷浩史氏
三木谷浩史氏

今回の三木谷ツイッター砲は、逆効果となっている。

サッカーJ1神戸・三木谷浩史会長(56)=顔写真=が12日、自身のツイッターで代表に選ばれた国内組の「コロナ対策」について異議。1月27日と2月1日の代表戦に出場した選手は2週間隔離することになったことに、「移動の自由、人権、営業権の侵害だ。海外から来た選手は即練習で、戻って海外で則プレー。頭おかしんじゃないの??」(原文ママ)とかなり過激に投稿した。

川崎と浦和の選手は代表に招集されると2月12日の「富士フイルム・スーパーカップ」に出場できないことになり、他のクラブも合流は、2月18日のJ1開幕直前になる。

日本サッカー協会では三木谷会長のツイッターより以前に、政府と多くの交渉を重ねており、反町康治技術委員長(57)は13日、国内組の14日間の隔離期間の短縮を求めていることを明かした。

そんな矢先の三木谷砲に、協会関係者は「三木谷さんと日本サッカー界がバトルをしている空気は一番よくないですから」と困惑するばかり。協会へ直接言えばいいものの、これでは内輪モメしている印象が広がるだけで、政府に対しても、世間へも逆効果でしかない。(久保武司)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…