中村梅玉、6回目の徳川綱豊役 尾上松緑は富森助右衛門役 2・1開幕「二月大歌舞伎」

サンスポ
歌舞伎座「二月大歌舞伎」中村梅玉・尾上松緑合同取材会に出席した右より中村梅玉、尾上松緑=メズム東京(松竹提供)
歌舞伎座「二月大歌舞伎」中村梅玉・尾上松緑合同取材会に出席した右より中村梅玉、尾上松緑=メズム東京(松竹提供)

歌舞伎俳優の中村梅玉(75)と尾上松緑(46)が12日、東京・港区のメズム東京で行われた歌舞伎座「二月大歌舞伎」(2月1~25日)の取材会に出席した。

出演演目「元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿」の舞台、浜離宮を見下ろす会場で開催。1992年に梅玉襲名時に初めて演じ、今回で6回目となる徳川綱豊卿(後の六代将軍・家宣)役に「まさに将軍になって御浜御殿を見下ろしている気持ち。30周年の節目に大好きなお役をやらせていただき幸せ」とほほえんだ。

襲名20周年の松緑は、初役の赤穂浪士・富森助右衛門を演じるにあたり、「一生縁のない役だと思って諦めていた。全身全霊でぶつかっていきたい」と誓った。