鷲見玲奈、一般男性と結婚「何気ない日常を照らしてくれる温かい人」

サンスポ
フリーアナウンサーの鷲見玲奈
フリーアナウンサーの鷲見玲奈

元テレビ東京のフリーアナウンサー、鷲見玲奈(31)が11日に会社員の一般男性と結婚したことを12日更新のインスタグラムで発表した。

一粒万倍日+天赦日に新たな一歩を踏み出し、「新型コロナウイルスの収束に見通しがつかない状況下にもかかわらず、私事でたいへん恐縮なのですが、この度1月11日に会社員の方と結婚致しました」と報告した。

夫について「何気ない日常を照らしてくれる温かい人と出会うことができ、共に時間を過ごしていく中で情に厚くまっすぐな人柄に惹かれ、この先の人生を一緒に歩んでいきたいと願うようになりました」と紹介。「まだまだ未熟者ではありますが、これからは明るく朗らかな家庭を築いていきたいと思っております」と誓った。

鷲見は2013年にテレ東に入社し、節目の30歳を迎えるタイミングで〝新たな挑戦〟として20年4月にフリーに転身。31歳で結婚を決め、まさに30代が人生の転機に。

同年7月に本紙の取材に応じた際は結婚観を聞かれ、「いい人がいたら結婚はしたいです。優柔不断なので、決めてくれる人が理想。何かが突き抜けている人より、平均的な人がいいですね」とほほえんでいた。

また、昨年5月には美ボディーを支えるパーソナルトレーニングを始めた理由について「おいっ子と遊んだ翌日に筋肉痛が激しすぎて…。いつか母親になったときに子育てができないと思った」と説明。スポーツも得意なだけに、アクティブなママになりそうだ。

女優業、バラエティーでも活躍しており、常に新境地を開拓する鷲見ちゃんは、最愛の伴侶を得てさらにはばたく。

◆鷲見 玲奈(すみ・れいな) 1990(平成2)年5月12日生まれ、31歳。岐阜県出身。首都大学東京(現・東京都立大学)卒業後、2013年4月にテレビ東京に入社。「ウイニング競馬」「家、ついて行ってイイですか?」など人気番組に出演した。20年4月からフリーに。レギュラー番組はTBS系「炎の体育会TV」など。昨年に初写真集「すみにおけない」を発売。趣味はサッカー、特技は詩吟。163センチ。