草なぎ剛主演舞台、13日の公演が中止に 新型コロナ感染再拡大でネット「続々と舞台が中止になってる」「盛り返し始めてたのに残念」「心が痛い…」

iza
草なぎ剛
草なぎ剛

俳優・草なぎ剛主演の舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」で、公演関係者の新型コロナウイルス陽性が確認され、13日、公式サイトで公演の中止が発表された。ネットでは、同作を含めた新型コロナウイルスの感染再拡大による舞台の中止が話題になっている。

同作は昨年11月から神奈川公演、同12月に京都公演を行い、今月9日から豊洲PITでの東京公演が始まった。公演が中止になった13日、公式サイトでは公演関係者の新型コロナウイルス陽性が確認されたことを受け、この日の公演を中止したと発表。今後については「明日1月14日(金)午前中までには発表いたします」とし、「今回の公演中止によるチケットの払い戻しにつきましては、後日改めてご案内申し上げますので、お手元のチケットはなくさず大切に保管してください」と呼びかけた。

同公演の中止は、SNSでも話題になり「誰も悪くない。ツラい」「残念無念。スタッフ、キャスト、関係者様の悔しさいかばかりかと」「色んな人の気持ちを考えると本当に心が痛い…」「声にならない…感染された方の早いご回復と、これ以上広がらないようにと願うばかり」など、関係者に寄り添う声が多数寄せられた。観劇する予定だった人による「え?あ…うぅ…うそぉ 今まさに行く準備していたのにショック」「劇場に着いて中止を知る 残念」「今日夜行く予定でした でも仕方ない。誰も悪くない」といった書き込みも見られた。

この一報を受け、12日に全公演の中止が決まった宝塚歌劇団の雪組東京国際フォーラム公演「ODYSSEY(オデッセイ)-The Age of Discovery-」も話題になった。新型コロナウイルスの感染再拡大で公演中止を余儀なくされる作品が相次ぎ、「続々と舞台が中止になってる」「つよぽん舞台も感染者出て中止?!いきなり感染拡大こわいわー」「舞台の公演中止がちらほらと。せっかく盛り返し始めてたのに残念」「今年も無事に舞台やライブを行うのは、難しいんだろうな…」とつぶやくネットユーザーも多く、今後の動向が心配されている。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」