高市政調会長「国会冒頭で対中非難決議したい」 ウイグル人権問題について毅然とした態度示す 「中国は覇権主義姿勢を何ら改めていない」

zakzak
対中非難決議の採択を目指す高市政調会長
対中非難決議の採択を目指す高市政調会長

自民党の高市早苗政調会長が、毅然(きぜん)とした姿勢を示した。11日夜のBSフジ番組で、中国当局による新疆ウイグル自治区などでの人権侵害行為を非難する国会決議について、17日召集予定の通常国会で採択を目指す考えを示した。党内外の「親中派」らによる妨害工作を突破できるのか。

「去年はタイミングが悪いということでダメだった。気持ちを切り替えて、通常国会の頭に決議ができるよう頑張りたい」

高市氏はこう語った。

昨年12月の臨時国会で、高市氏ら自民党有志は決議案提出を目指したが、岸田文雄首相が、北京冬季五輪に政府代表を派遣しない「外交的ボイコット」の判断をズルズルと国会閉会後まで先送りしたため、茂木敏充幹事長が了承せず見送りとなった経緯がある。

高市氏は番組内で「中国は覇権主義的な姿勢や人権問題について何ら改めていない。(今年が日中国交正常化)50周年だからといって、それらの問題に対して何の対応もしないことあり得ない」と強調した。

「ひ弱なハト派」とも指摘される岸田政権だが、高市氏や岸信夫防衛相らは踏ん張っている。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も