EXIT兼近、新型コロナ感染 チャラ語で症状報告にファン「文章面白過ぎる」「かねちらしい」の声

iza
EXITの兼近大樹
EXITの兼近大樹

お笑いコンビ、EXITの兼近大樹が新型コロナウイルスに感染したことが10日、吉本興業の公式サイトで発表された。兼近自身も同日、ツイッターを更新して症状などを伝えた。

同事務所によると、兼近は8日に発熱し、PCR検査を受けた結果、9日に陽性と診断。保健所の指示に従って療養中と報告した。相方のりんたろー。については、濃厚接触者に該当するとの判断を受けたといい、同日時点でPCR検査を結果を待っている状態とした。

体調が心配される兼近だが、ツイッターでは「あの!めっちゃくちゃ大丈夫です!」と切り出してファンを安堵(ど)させ、「軽&症でして今は熱もありまセントバーナード ご心配おかけしてすみま千利休茶柱スタンダップ」といつものチャラ語。そして「皆様の声がこんなに優しくて心強いとは!早く復帰して面白い事提供します」と感謝し、「ちなお休みめちゃ長なので出来なかった読書やゲームやり放題で嬉しょんダラダラ」と前向きにつづった。

この投稿のリプ欄には「元気そうで一安心」「かねちーから軽&症ってきけて本当心がホッとしたよ~」「復帰したら面白いEXITをまたたくさん見せてください」「その報告が聞けて少しだけ安心しました」などの書き込みがズラリ。多忙を極めるなかで、思わぬ形での休みとなったが「ゲームも読書も普段時間なかなか取れないだろうから、いっそのことたくさんやっちゃって楽しんでください!」「何も考えずゆっくりして、とにかく今まで休めなかった分いーっぱい休んでください!」といったメッセージも散見された。

また、兼近らしいチャラ語を織り交ぜたツイートでの報告に「これぞEXIT語の『すみま千利休茶柱スタンダップ』が泣けます」「こんな時に文章面白過ぎる」「かねちらしい声聞けて嬉しい」「久々のチャラ語詰め合わせに懐かしさすら感じる」といった声も寄せられた。