嵐・櫻井翔がラップ作詞 KAT-TUNが歌う! 北京五輪を豪華コラボで後押し

サンスポ
櫻井の紡いだラップをKAT-TUNが歌う。夢のタッグで冬季スポーツをさらに熱くする!
櫻井の紡いだラップをKAT-TUNが歌う。夢のタッグで冬季スポーツをさらに熱くする!

嵐の櫻井翔(39)が日本テレビ系2022冬季スポーツテーマソングのタイトルとラップパートの詞、構成を手掛け、楽曲をKAT-TUNが歌うことが10日、分かった。2月開幕の北京五輪を目指す選手をはじめ、夢を追うアスリートを後押しする応援歌「CRYSTAL MOMENT」で、両者のコラボは初めて。櫻井は「選手たちの煌めきと、この冬を彩る楽曲になりますように」と願いを込めた。

■日テレ系2022冬季スポーツテーマソング 日本テレビ系のスポーツを盛り上げてきた〝最強コンビ〟が、今冬のスポーツを熱くする。

2008年北京から18年平昌まで同局系五輪キャスターを担当し、今大会もスペシャルキャスターを務める櫻井と、亀梨和也(35)が「Going! Sports&News」(土、日曜後11・55)にキャスターとして出演するなど、日テレのスポーツに欠かせないKAT-TUNの初タッグ。制作側の「日本テレビに特に親和性のある2組で何か特別な事ができないか」という熱い要望で、豪華コラボが実現した。

■タイトルは「雪や氷の世界で輝きを放つ瞬間をイメージ」 2月4日に開幕する北京五輪など、同局系で放送される2022冬季スポーツテーマソングに決定した「CRYSTAL MOMENT」は、明るく爽やかで力強い楽曲。夢の実現に頑張る人たちへの応援歌で、櫻井はタイトルについて「選手が積み重ねてきた日々の結晶が、雪や氷の世界で輝きを放つ瞬間をイメージしてつけました」と明かした。

02年に発売した嵐のアルバム「HERE WE GO!」で初めて嵐の楽曲のラップを手掛けて以降、グループの楽曲のラップパートは全て自ら作詞。今回のラップはKAT-TUNが歌うことを意識して構成されており「彼らならきっと、たけだけしさや色気を感じるものになるはずです」と〝サクラップ〟を後輩たちに託す。

KAT-TUNはデビュー15周年の昨年、大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場し、アーティストとしてもますます勢いに乗る。注目曲を歌い上げることに亀梨は「大きな感謝と喜びが湧き上がると同時に、身が引き締まる思い」と心境を明かしながら「2022年、最高の冬の1ページになりますよう、大切に思いを込めて歌わせていただきたいと思います」と力を込めた。

★「アニキ」とのタッグに感激 櫻井とのコラボにKAT-TUNのメンバーは気合十分。櫻井を「アニキ」と慕う上田竜也(38)は「櫻井君にラップパートの詞を書いていただけるのは、非常に新鮮でとてもうれしく思います」と感激している。中丸雄一(38)も「選手の皆さまが北京で活躍して、さまざまな感情の嵐を日本に起こしてくれることを期待して、全身全霊で応援致します」と誓った。


  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表