唐田えりかの心を動かした不倫映画 「泥棒猫」と罵られるシーンも

ポストセブン
2018年、神戸コレクションに出演した唐田えりか
2018年、神戸コレクションに出演した唐田えりか

2020年1月に東出昌大(33)との不倫愛が報じられて以来、表舞台から遠ざかっている女優・唐田えりか(24)が出演する映画『死体の人(仮)』の公開が迫っている。同作品で唐田はデリヘル嬢役を演じ、いよいよ芸能活動に本格復帰する。

映画の撮影は10月上旬からスタートし、すでに終了しているという。撮影開始の少し前、9月8日に出版された書籍『相米慎二という未来』(東京ニュース通信社)のなかで、唐田は故・相米慎二監督についてのインタビューに応えていた。

相米監督は『セーラー服と機関銃』や『お引越し』といった作品でメガホンを取り、没後20年経っても支持される名匠だ。『相米慎二という未来』では佐藤浩市や小泉今日子など蒼々たる面々もインタビューに応えており、唐田さんはリアルタイム世代ではないものの、全作品を鑑賞した立場として登場している。

インタビューで唐田がお気に入りの作品として挙げていたのは、1985年公開の『ラブホテル』だ。映画ライターが語る。

「日活ロマンポルノの看板シリーズ『天使のはらわた』に連なり、ロマンポルノ後期の名作と名高い作品です。『ラブホテル』がお気に入りという唐田さんの渋いセンスにもびっくりですが、この作品は不倫愛を描いたストーリーでもあります。

職場不倫がバレて仕事を失い、愛人にも捨てられる孤独なヒロインを唐田さんはどんな気持ちで受け止めていたのでしょうか。いろいろ憶測を呼んでしまうだろうに、それでも『ラブホテル』を話題に出したということは、よほど好きな作品なんでしょうね」

『ラブホテル』のあらすじは、こうだ。借金苦で死ぬつもりだった村木(寺田農)は、ラブホテルでデリヘル嬢・名美(速水典子)と交わったことをきっかけに自殺を思い留まる。数年後、村木は名美と再会する。現在の名美は服飾店で働き、職場の上司と不倫していた──。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」