飲酒後物損事故で県議辞職 栃木「県民におわび」

産経ニュース

宇都宮市内で飲酒後に乗用車を運転して物損事故を起こし、警察に申告せずに現場を離れたとして、国民民主党栃木県連代表の斉藤孝明県議(49)が11日、県議会議長に辞職願を提出し、受理された。

斉藤県議は記者団に「飲酒後の運転は議員である以前に、社会人として絶対にあってはならないことだ。県民の皆さまにおわび申し上げる」と述べた。

斉藤県議によると、5日夜、知人と宇都宮市内のバーでウイスキーを3杯ほど飲んだ後に乗用車を運転。6日午前1時半ごろ、市内の道路脇の石に車を乗り上げ、車の下部を損壊したが、110番せずに車を残したままその場を離れた。約1時間後に友人の車で戻り、現場にいた警察官に酒を飲んで運転したことを伝えた。検査では基準値を超えるアルコールは検出されなかったという。

県警は事故を申告しなかった疑いがあるとして、道交法違反容疑で捜査している。