「超高級輸入車」2021年販売台数が過去最高 格差浮き彫り

産経ニュース
フェラーリの「F8トリブート」
フェラーリの「F8トリブート」

日本自動車輸入組合は11日、2021年の輸入車販売台数を発表した。1千万円以上する外国メーカーの「超高級」乗用車は前年比23・0%増の2万7928台と大幅なプラスで、価格帯別の統計を始めた03年以降で最高の販売台数となった。新型コロナウイルス流行を背景に、海外旅行に行けない富裕層の購入意欲が高まった。世界的な株価上昇も追い風だった。

コロナ禍で生活に困窮する人も目立つ中で、経済的な格差が浮き彫りになったとも言えそうだ。外国メーカーの新車販売全体は1・4%増の25万9752台にとどまり、超高級車の伸びは突出している。

ブランド別では、英国のアストン・マーチンが98・0%増の388台、英ベントレーは29・8%増の601台と好調で、イタリアのフェラーリも14・0%増の1237台となった。輸入組合によると、この3ブランドは過去最高の販売台数だった。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も