アンモニア燃料発電で協力 日本、インドネシアが覚書

産経ニュース
エネルギーに関する協力覚書に署名した萩生田経産相(左)とインドネシアのアリフィン・エネルギー・鉱物資源相=10日、ジャカルタ(エネルギー・鉱物資源省提供・共同)
エネルギーに関する協力覚書に署名した萩生田経産相(左)とインドネシアのアリフィン・エネルギー・鉱物資源相=10日、ジャカルタ(エネルギー・鉱物資源省提供・共同)

萩生田光一経済産業相は10日、インドネシアの首都ジャカルタでアリフィン・エネルギー・鉱物資源相と会談し、アンモニアを燃料に使う発電技術などをインドネシアで推進するため協力する覚書に署名した。この発電技術は日本が先行しており、燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しないアンモニアを石炭に混ぜて使うことで脱炭素化を進める。

ほかに、CO2を回収して資源として再利用する「カーボンリサイクル」やCO2を地中に貯留する技術、水素の活用などで協力を進める。

インドネシアでは石炭火力発電が電力構成の約6割を占めており、萩生田氏は、日本企業は既にアンモニアを使った発電をインドネシアに導入する上での調査を行っていると指摘。「官民一体となった協力を進めていきたい」と述べた。(共同)

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表