ディズニーシーで成人式 「密」回避でキャラクターと触れ合いなし

産経ニュース
ステージから浦安市の新成人を祝ったミッキーマウス=10日、千葉県浦安市の東京ディズニーシー(江田隆一撮影)
ステージから浦安市の新成人を祝ったミッキーマウス=10日、千葉県浦安市の東京ディズニーシー(江田隆一撮影)

千葉県浦安市の成人式が10日、同市舞浜の東京ディズニーシー内の屋内劇場「ブロードウェイ・ミュージックシアター」で開かれた。

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言発出を受け、2か月遅れて3月7日に開催されたが、今年は成人の日の実施が実現した。今年度中に20歳を迎える対象者は約2千人。密を避けるため式典は地域別に4回に分けて開かれ、ミッキーマウス、ミニーマウスが祝福した。

晴れ着姿で東京ディズニーシーで行われた成人式に参加した浦安市の新成人=10日、千葉県浦安市(江田隆一撮影)
晴れ着姿で東京ディズニーシーで行われた成人式に参加した浦安市の新成人=10日、千葉県浦安市(江田隆一撮影)

ディズニーキャラクターの客席に降りての「おめでとう」が伝統だったが、昨年は、新型コロナの影響で、舞台の上からのお祝いだけになり、今年も昨年に続いて大幅に式典が短縮された。

式典は、新成人自身による実行委員会が運営して開催された。今年は「恩~未来を描く2000の想い~」をテーマに、新成人代表ステージで意見を発表。最後にミッキー、ミニーと客席の新成人が、1から20まで手拍子を合わせて盛り上げた。

式典を終えた実行委員長の清水亮佑さん(20)は「開催できてうれしい。支えてくれた人への感謝を忘れず頑張りたい」と話した。