黄昏のジャンクフード(10) 旨辛焼きちゃんぽん カップ 日本のカップ麺とは異なる具材が面白い

イザ!
農心ジャパンの「旨辛焼きちゃんぽん カップ」
農心ジャパンの「旨辛焼きちゃんぽん カップ」

《ドン・キホーテ特売品の自腹レビュー》

ディスカウントストア大手、ドン・キホーテのとある店舗で売られていた奇抜なカップ麺やスナックなどを紹介するシリーズ企画「黄昏のジャンクフード」。同社の特売品の中から、記者が気になった商品を自腹で購入し、実食した感想などについてつづるというもので、記事の最後に、もう一度買って食べたいかどうかを評価します。今回は、農心ジャパンの「旨辛焼きちゃんぽん カップ」を取り上げます。

同商品は、韓国のソウルフード「辛ラーメン」で知られる同社の「ノグリ」というシリーズのバリエーションで、通年販売商品。ノグリは辛ラーメンと比べて麺が太めで、もちもちしたうどんのような食べ応えが特徴となっています。汁麺と汁なし麺を展開しており、今回の「旨辛焼きちゃんぽん カップ」は汁なしのカップ麺。

韓国のちゃんぽんは、野菜や魚介などのさまざまな具材を入れ、中太麺を使うところは日本のちゃんぽんと共通していますが、スープは韓国らしく真っ赤で辛味の強いものなんだとか。「旨辛焼きちゃんぽん カップ」は、これを汁なし麺にアレンジしたもののようです。

内容量(麺量)は110g(めん84g)と汁なし麺としては、標準的なサイズ。希望小売価格はオープンとのことですが、購入したドンキでは「通常価格 税込み214円」と表示されていました。賞味期限があと数日まで迫っていたため、今回はほぼ半値の108円でゲット。

かやくはあらかじめ麺の中にまぶされており、小袋は粉末ソースと液体の辛味スパイスの2つ

調理はカップやきそば方式で、熱湯で戻した後、湯切りしてソースをあえます。湯切りまでは4分、かやくはあらかじめ麺の中にまぶされていて、小袋は粉末ソースと液体の辛味オイルの2つ。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗