勇退桂文枝トーク「1万回くらいコケてきたらしい」 新婚さんいらっしゃい卒業一問一答 

サンスポ
「新婚さんいらっしゃい!」の司会を卒業することを発表し、会見の終わりに椅子から転げ落ちる桂文枝さん=大阪市福島区の朝日放送(撮影・松永渉平)
「新婚さんいらっしゃい!」の司会を卒業することを発表し、会見の終わりに椅子から転げ落ちる桂文枝さん=大阪市福島区の朝日放送(撮影・松永渉平)

落語家、桂文枝(78)が51年間司会を務めるテレビ朝日系トーク番組「新婚さんいらっしゃい!」(日曜後0・55)を3月27日の放送回で勇退することが決まり、7日、制作局の大阪市福島区のABCテレビで会見を行った。以下、会見途中、涙ながらに胸中を吐露した文枝の一問一答。

「(自ら)去年の7月16日に78歳になりまして。新婚さんは若いカップルが出てきて、(視聴者は)そういう人の話を聞くのを楽しみにされておられると思うんですけど、それを78歳が聞いていくのは、いかがなものかなと思いだしていた。今年の1月31日で丸51年になる。最初は朝日放送の澤田隆治さんというプロデューサー(当時ディレクター)にお声がけいただいて、私は27歳。結婚前ですね。『朝日放送にはプロポーズ大作戦とか夫婦善哉とかいろいろあるけど、新婚さんがないんや、新婚さんを呼んで、君のギャグのいらっしゃいを使わせてくれへんか』と言われて『いいですよ』となりました。『その代わりに悪いけど、視聴率があんまりよくないんや。1月から3月までやってくれへんか』と言われた。『わかりました』と。ギャグを使って頂けるならと始まったところから、もうちょっと、もうちょっとということで50年使っていただけました。本当に感謝いたしております」

■1万回くらいコケてきた 「私がそろそろ潮時やなと思ったのは、78歳を迎えて、若いカップルの話を聞くのには無理があるなというのと、マッチングアプリとか知らないことも多いんですね。マッチングアプリは名前はもちろん知っていますが、システムとかその後の話は分かりにくくなっているということもある。

今まで1万回くらいコケてきたらしいんですけれども、最近、体を気遣うというか、いろいろやることも多かったですから、ちょっとコケる回数を正直控えていた。元気でどこも悪くないんです。新婚さんはコケたらすごく喜んで頂けるんですけれども、考えたら、もっともっとコケなければいけないんですけど、コケられなくなったなぁと。コケられるんですけど、無理しないでおこうという気持ちにもなった。

それとお声がけいただいた澤田隆治さんが去年、お亡くなりになった。それもひとつ、この辺が潮時かなと卒業させていただこうとお願いいたしました(理由)。本当に快く受けていただいて、この春に卒業させていただくということになりました。心から50年、この私を使っていただきまして心から感謝しか…(涙声になり)。ありがたいの一言です。朝日放送さん、ありがとうございました。

この後、(オミクロン株流行で収録に)お客さんを入れてできるか分かりませんが、最後まで元気に意識してコケ倒したいと思います」

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛