SixTONESが「スパイダーマン」主題歌生披露 ジェシー「日本中や世界中を飛び回りたい」

サンスポ
舞台あいさつに登壇したSixTONES(左から)田中樹、髙地優吾、ジェシー、京本大我、松村北斗、森本慎太郎 =TOHOシネマズ日比谷(撮影・田村亮介)
舞台あいさつに登壇したSixTONES(左から)田中樹、髙地優吾、ジェシー、京本大我、松村北斗、森本慎太郎 =TOHOシネマズ日比谷(撮影・田村亮介)

人気グループ、SixTONESが8日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた米映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」(ジョン・ワッツ監督)の公開記念記念舞台あいさつにサプライズ出演した。

同作の日本語吹き替え版の主題歌「Rosy」を担当している6人は上映終了後に突如、観客の前に登場。全国の劇場335館に中継される中、同曲をパワフルに歌い踊った。

映画館でのパフォーマンスに田中樹(26)が「ライブとは違って、映画の世界観を壊してはいけないと思いまして緊張しました」と安どの表情を浮かべると、髙地優吾(27)は「最初のジャンプとかスパイダーマンを意識して、映画にちなんだ振り付けとか、ちょこっと入れています」と楽曲をアピールした。

「スパイダーマン:NWH」の魅力を語るSixTONES・田中樹 =TOHOシネマズ日比谷(撮影・田村亮介)
「スパイダーマン:NWH」の魅力を語るSixTONES・田中樹 =TOHOシネマズ日比谷(撮影・田村亮介)

マーベル作品の大ファンという京本大我(27)は「(主題歌が)いまだに信じられない。(同作を)見させていただいた日にフィギュアを買ってしまってリビングに飾らせていただいています」と興奮気味に語った。

「Rosy」を披露するSixTONES=TOHOシネマズ日比谷(撮影・田村亮介)

この日は6人が「スパイダーマン」であいうえお作文に挑戦するなどして映画を盛り上げ、ジェシー(25)は「スパイダーマンのように、僕たちも6人の糸が切れないよう日本中や世界中を飛び回りたい」と主人公同様の活躍を誓った。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」