台湾の強い「決意表明」 最新改良戦闘機F16Vで「エレファント・ウォーク」披露 識者「中国軍機と互角以上に戦える」

zakzak
台湾の強い「決意表明」 最新改良戦闘機F16Vで「エレファント・ウォーク」披露
台湾の強い「決意表明」 最新改良戦闘機F16Vで「エレファント・ウォーク」披露
その他の写真を見る (1/3枚)

台湾空軍が公開した最新改良戦闘機「F16V」が注目されている。中国は昨年、960機以上の軍用機を台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入させる、異常な軍事的挑発を続けた。F16Vには最新の戦闘コンピューターやレーダー、高度な兵器が装備されており、中国に断固対峙(たいじ)する台湾の強い姿勢を示した。「自由」「民主」「人権」「法の支配」という共通の価値観を持つ、日米同盟の覚悟も問われそうだ。

「軍事では両岸(=中国と台湾)の隔たりは解決できない」「中国内部で軍事的な冒険主義が広がることは防ぐべきだ」

台湾の蔡英文総統は1日、新年の談話でこう強調した。中国の軍事的威圧に屈しない決意表明といえそうだ。

これを裏付けるように、台湾空軍は5日、南部・嘉義県の空軍基地で、主力戦闘機「F16A」や「F16B」をアップグレードしたF16Vを滑走路に多数並べ、矢継ぎ早に地上滑走させる「エレファント・ウォーク」や、同機が緊急発進(スクランブル)する様子を披露した。台湾・中央通信社が運営する日本語サイト「フォーカス台湾」が同日、報じた。

台湾空軍は昨年11月、F16Vを運用する部隊を発足させた。現在、F16AやF16B計約140機を、米航空防衛機器大手「ロッキード・マーティン」の全面協力で改良し、航空戦力の強化を図っている。

今回のアップグレードの威力をどうみるか。

軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「F16Vには、同時に複数の目標を捜索や追尾ができる先進的なレーダーシステムが搭載された。既存のF16より暗視ゴーグルも使いやすくなり、操縦性能や処理能力が相当上がった。エンジンの性能も向上し、ミサイルの射程も長くなり、攻撃能力はまさに『世界最高レベル』だ。仮に、台湾有事で投入すれば中国軍機と互角以上に戦えるだろう。戦局を大きく変えられる力もある。中国軍の台湾制圧をあきらめさせるほどの役割を果たすはずだ」と指摘する。

ただ、中国軍は、核兵器や弾道ミサイル、長距離爆撃機などを保有し、台湾上陸作戦に必要な強襲揚陸艦も昨年就役させた。全体の戦力は台湾を圧倒している。

日米両政府は7日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開催し、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」ことを確認した

中国の習近平国家主席が「台湾や日米の覚悟」を見誤らないよう、より一層、安全保障関係の強化・連携が必要だ。


最新改良戦闘機「F16V」(㊦、総統府提供・共同)。「エレファント・ウォーク」は迫力満点だ(㊤、AP)

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第14週で安子編の伏線回収? 話題の予告動画、ジョーの衣装に「ノッポさん」の声も