大阪が9日のBR東京戦メンバー発表 4季ぶり日本復帰のSOヤンチース「クオリティーは上がっている」/リーグワン

サンスポ
BR東京戦に向けた練習で、軽快な動きを見せる大阪SOエルトン・ヤンチース(中央)=大阪市住之江区
BR東京戦に向けた練習で、軽快な動きを見せる大阪SOエルトン・ヤンチース(中央)=大阪市住之江区

ラグビーの新リーグ「リーグワン」の大阪(NTTドコモレッドハリケーンズ大阪)は7日、BR東京(リコーブラックラムズ東京)との今季初戦(9日、ヨドコウ桜スタジアム)の出場メンバーを発表した。南アフリカ代表SOで4季ぶりに日本に復帰するエルトン・ヤンチース(31)が先発。「正しい判断をしてチームを引っ張っていく。愚直にプレーするだけ」と必勝を誓った。

同国代表42キャップで、2019年W杯日本大会では母国の優勝に貢献したヤンチースはキックと豊富な経験が武器。ヨハン・アッカーマン・ヘッドコーチ(51)も「良いリーダーシップを発揮してくれている。スペースを見るのがうまく、走ったり、キックを使うことができる」と大きな信頼を置く。

昨年も同国代表としてテストマッチに出場しており、12月半ばにチームに合流してから1カ月ほどだが、ヤンチースは「コンディションはすごく良い。思っていた以上にやりやすい」と強調。14年から17年度までNTTコム(現・浦安)でプレーしていたが、「詳しくは言えないが、(当時より)ラグビーのクオリティーは上がっている」と胸を張る。

昨季は19年W杯優勝メンバーだったWTBマカゾレ・マピンピ(31)、ニュージーランド代表SHのTJペレナラ(29)=いずれも退団=らの活躍もあり、チーム史上最高の8強入りを果たした大阪。日本に帰ってきた新指令塔を中心に今季も再び旋風を巻き起こす。(月僧正弥)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」