実録・人間劇場

トーキョー路上編(2) 東新宿マンション群は〝宝〟の山 住人の入れ替わり激しく、ゴミ捨て場には使える寝具がゴロゴロ

zakzak

「ホームレスはどんな生活をしているのか?」という疑問を長年にわたり抱いていた私は、東京五輪の開会式から2カ月間、ホームレス生活を送った。

さかのぼって2021年5月。KADOKAWAの編集者である川戸崇央氏から連絡をいただき、都内某所で2人きりの企画会議が始まった。私はそこで5つの企画を提案した。どれもそれなり練ったものであった気はするが、ダメ元で出した最後の1つのインパクトには勝らなかった。ほか4つに関しては、川戸氏も私も、もはやその断片すら覚えていない。

こうして、「東京でホームレスになる」という企画はあっという間に進んでいったものの、路上に眠るという行為はそもそも不法占拠になるという理由から、最終的に出版社の許可が下りないだろうと私は踏んでいた。だが、取材前に弁護士のもとへ取材に出向くと、まさかの答えが返ってきた。

「取材という名目であれば、違法にはならないはずだ」

こうして出版社の法務部も通過し、おまけに「今年度末に発売」というリミットまで設けられ、私の路上行きは決定した。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」