春高バレー

リズム作れず逆転負け 前回準Vの大阪国際滝井

産経ニュース
【第74回春の高校バレー 女子3回戦 大阪国際滝井(大阪)対共栄学園(東京)】第1セット、スパイクを放つ大阪国際滝井の伊藤アリシア(7)=7日、東京体育館(撮影・甘利慈)
【第74回春の高校バレー 女子3回戦 大阪国際滝井(大阪)対共栄学園(東京)】第1セット、スパイクを放つ大阪国際滝井の伊藤アリシア(7)=7日、東京体育館(撮影・甘利慈)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われるバレーボールの第74回全日本高校選手権は、女子の3回戦で前回準優勝の大阪国際滝井が共栄学園(東京)に1-2で敗れた。

終盤に7連続得点を挙げるなど第1セットを大差で奪ったが、続く2セットを連取され、逆転を許した。「第1セットを終えて相手が(こちらの動きに)慣れてきた。もうちょっと変化をつけられたら」と才崎哲次監督は悔やむ。

守りの要のリベロ鳥居美玖(2年)を負傷で欠いた影響もあり、持ち前の多彩なコンビバレーを展開できなかった。「リズムをつくれなかった」と嘆くセッター浜田真友はセンター中井心音、アタッカー藤原絢奈(いずれも3年)とともにVリーグの岡山シーガルズ入りする。「レシーブもトスワークも頑張っていきたい」と決意を口にした。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表